一戸建てはちょっとした点で生活が便利に

注文住宅で一戸建て住宅を建てると、「ちょっとしたこと」が生活のなかでの便利さにおいて、大きな差となって出てくるように感じます。例えば、家の中の棚にしても、扉があるのとないのとでは、掃除の頻度が違いますからね。

家の中の棚は、もちろん扉がある方が良いんです。なぜなら、埃がかぶらないですからね。棚って結構埃がたまっていますのです。ですから埃の侵入を防止するためにも、棚には扉があった方が嬉しいです。それに、扉がある方が「目隠し」になって、収納の内容を見られなくてすみますからね。それに見た目もスッキリしていますし。ただ、わが家の場合もそうですけれど、「棚」は造作家具ですから扉をつければその分お値段がアップしますけれどね。そこがちょっと痛いところでしょうか。

他にも、「コンセントの差し込み口を増やすこと」だったりと、「トイレを引き戸にする」ことであったりと、「ちょっとしたこと」により、毎日の生活がグッと便利感じることもありますから。ですから、家の設計案が出来た際には「ちょっとしたこと」がもう少しできないかどうかを検討することも大事かなと思います。